グローバルキッズ英会話 つづき

2018年から、実験的に開始された、小学校での英語活動は、今後の日本のグローバル化を支
えていく上で、どのような働きを担っていくのでしょうか?以前より英会話の語学力は、国際人とし
て必須項目であると考えられてきましたが、改めて急速にグローバル化する世界の中で、日本の
国内外で、活躍できる人材を育てる事が、日本経済を支える上で必要不可欠であるという考えが
明確化され始めています。2020年には、小学校の3年生から英語活動が、必修化される事が決
定され、幼少期からの教育をベースに、英会話を用いたグローバル人材の育成が、今後の日本
社会に向けて必要不可欠であると感化されているようです。発達脳科学的な分野からの見解をみ
てみると、多くの場合、幼少期から英会話に触れていることが、英会話力を身に付ける為の最短
ルートと考えられているようです。産まれたての赤ん坊は、異なる言語を聞き分ける能力を、成長
した大人以上に発揮できる、というような研究結果も出されているようです。幼少期の子度たちの
脳科学に関する研究は、未だ未知数ではありますが、語学を身に付ける為に、子どもたちには、
なるべく早い段階で、第二言語に触れさせることが、脳の発育への刺激になると考えられていま
す。第二言語を、幼少期に覚えさせる事で、母国語の習得への懸念や、論理的思考の欠落などを
主張する考えもありますが、幼児の英会話習得が、成長しきった大人たちから比較すると、明らか
にその習得スピードに違いがある点は判明しているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です