英語を真似してみる

言葉にはいろいろな表現方法があるかと思います。
SNSやネットのブログを見てみると学校で習う英語を使っている人はあまりないことに気がつくかと思います。
けれど、面と向かって外国人と片言の英語で話すときは、あちらも正しい英語を使ったりするかと思います。
無理に話し方を考えるよりも、母国語の人の方が気を使ってくれるので安心して英会話を初められた方がいるかと思います。
また、自分の胸の内を表現するというのも、かなり親しくならないとしないと思いますし、日本人同士でもそこまでの仲良しになるには時間がかかるかと思います。
自分が知っている英語の表現方法が実はとても堅苦しかったり、今では死語と呼ばれているような言葉遣いだったりすることもあるかと思います。
オペラで使うような古語を使うのはおかしいですし、日本人でも万葉集みたいな日本語を使っている人はいないと思います。
ではどれが正しい表現なのか、生きた英語はどんなものかというのを考えると、最新のテキストやテレビやラジオの英会話教室のようなもので勉強していくのがいいかと思います。銀座にはそういった英会話を学べる環境があるそうですよ。
また、大手メディアは最新の英語を研究しているかとおもますし、最新情報なども教えてくれる可能性も高いと思います。
また、ネットなどで英文を見て表現方法を勉強するというのもあるかと思いますが、それがあまり良い表現でないかもしれないので、ちょっと危険なような気がします。
それでもいろんな表現方法を真似してみるというのはとてもいいかと思います。
また翻訳ソフトなどで、自分が考えている日本語がどのような英語になるのかも勉強できるかと思います。
ただ、これは基本的なことがわからないと意味不明な英文になってしまう可能性もあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です