英語を声に出す

英語の学習を続けていても、英会話が上手くできないという人も多いそうです。要因はさまざまにありますが、その中のひとつに「実際に声を出していない」ということがあるそうです。スポーツと同じで、いくら練習を積んだところで実際にプレーをしなければ身につきません。自分の口から発声する音読の学習は、黙読に比べて何倍もスピーキング能力に影響を与えます。実際に声を出していない、もしくは声に出している量が少ないという自覚がある場合は、すぐに発声する英語学習に切り替えましょう。

声を出すことは、多くのメリットがあります。まず、発声をすることで英語に慣れることができます。特に初心者は、英語を発声することに慣れておらず、いざ英会話のタイミングになっても「知識はあっても声を出すことができない」という状況に陥ってしまうのです。口が英語に慣れていない状態では、当然ながら口も動いてはくれません。実際に喋り出しても慣れていないために発音で迷ってしまうこともありますし、間違えることに慣れていないために臆病になってしまうこともあるそうです。日頃から英語を口に出すことによって、気持ちの面でも英会話をしやすくなれるでしょう。次に、語順が正されるというメリットがあります。日本語と英語は当然ながら語順が違うため、慣れていない人は混乱しやすいと言われています。さらに初心者であれば「日本語を英語に訳して」考えがちですので、無駄な時間も掛かってしまいます。声に出して英語を繰り返すことで、「英語を英語のままで」発音できます。実際に発音するということは、情報を得るだけではなく、情報を発信している状態です。能動的に学習することで、生きた英語を身に付けることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です