トレーニングが決め手

音声学的に「英会話」というものを解読しようとした時、発生という問題に着目することは重要なポイントであると言えるでしょう。わたしたち日本人は、農耕民族の特性から、喋り方が平たんであるという特徴が挙げられるでしょう。このことからみると、英語の抑揚というものが不得意であるというのも無理もないと言えるでしょう。この部分に徹底的にフォーカスしたトレーニングを続けることが、英会話取得には大切であるのではないでしょうか。ネイティブの発音を聞き、それを真似しながら、 正しい発音のトレーニングを繰り返し重ねていくという地味で苦痛なトレーニングが物を言うのが英会話です。ネイティブと同じ発音ができる技術は、そのままリスニンクにも役立つと言えます。もし、外国人に友人がいる場合などは、是非「英語の日」を作ってみると良いでしょう。一日英語だけで過ごす日を決め、とにかくコミュニケーションを取っていくのも英会話に役立つと言えるでしょう。ホームステイしたような感覚で気軽にアメリカ文化に触れることで、モチベーションも上がり、自身の現在のレベルも自覚できるでしょう。 練習も習慣も繰り返しかさねていくと、ある日突然楽しいと思える日がやってくるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です