必死になれない

英会話の現場では様々な質問や意見が聞かれます。特に多いのが、英会話は必要なのかもしれないけれど、どの程度必要なのかとかに保護でも十分にビジネスができているので問題ないのではないかと言うような質問です。

厳しいようですが、およそ10年以内には路頭に迷うだろうという専門家の意見があります。仕事がなくなって給料がなくなり飢え死にするというようなことは現代の先進国ではありえないことですが、給料の良いまともな仕事には就くことは難しいでしょう。

外資でない日本企業ですら、すでに日本人より優秀な外国人を採用することに熱心になっているように思います。仮に最終面接に三人残り、そのうち満足な日本語とたどたどしい英語を話す日本人が1名。たどたどしい日本語とたどたどしい英語を話す人が1名、不満足な日本語と流暢な英語を話す人が1名板とします。このときに語学以外の能力が同じであったとするならば、一体誰が採用されるでしょうか。おそらく、日本語が不十分でも英語が流暢に話すことができる人ではないかと思います。もちろん、日本に住んでいる以上、日本語を使うことがほとんどです。しかしながら、ビジネスの国際化が進む現代では非英語圏同士のコミュニケーションにも英語が用いられることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です