話せるトピックスを増やしていく方法

先月もお話した通り、素のトピックについて話せるようになるステップは次のように踏んでいきましょう。
1)トピックを決める
2)決めたトピックに関連する単語を調べる
3)文法を学ぶ
4)話せるトピック完成
5)声に出して練習
このステップに沿って話せる種類を増やしていくと、話したことのない内容についてもすらすらでなくとも考えながらなら話せるようになります。というのも、話せるトピックが増えていく中でそのうち共通する表現や英単語というのはスムーズに出てくるようになるからです。こうなると、新しいトピックについて考えるときでも今まで行ったことのない表現をいうときだけ考えて話すだけでよくなります。そしてそれを突き詰めていけばあなたはどんなトピックについても話すことができるようになるでしょう。
トピックについて何を話したいのか自分では思いつかない方は次の2つのポイントに沿って考えてみましょう。1つ目は「何を話したいのか」2つ目は「誰に話したいのか」です。どちらか片方思いつけばよいでしょう。それぞれ例を挙げて考えてみます。例えば漠然とネイティブの人と話せるようになりたい、という人がいたとします。そしたら「誰に話したいのか」について適当に、海外のレストランで隣に座った人としましょう。後は簡単です、そのシチュエーションでどんなことを話すのが自然か想像してみればいいのです。この場合ならその地元の人がよく食べるものについて聞く、といったものが挙げられるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です