オンラインレッスンでも 英会話学校でも 共通していえること

ここまで、オンラインレッスンか通学型英会話学校か、グループレッスンかマンツーマンレッスンか、と、講師からレッスンを受けることを前提に話しを進めてきましたが。そもそもなぜ講師を必要としているのでしょうか。英会話学習には、リスニングとスピーキングという2つのポイントがあります。リスニングは人間でなくても、CDを聴いたり、ドラマや映画をみたりすることで、独学でも十分にレベルを高めることができます。しかし、スピーキングについては、相手に話しかける、会話のキャッチボールをする、ということが基本となることから、いくら独学で知識を集積しようとも、自分から他人に話すという経験値を積むことはできません。そこで必要になってくるのが話し相手となるスクール講師です。

では、スクール講師に英会話学習の何から何まで全てをお任せして良いのでしょうか?私たち日本人は、幼児期に家庭でひらがな、カタカナを習ったり、小学校にあがれば国語の授業を通して日本語を学びます。日本人が日本語のネイティブだからといって、普段の会話だけで日本語が完璧に話せるわけではなく、自学習が基礎にあるからこそ正しい日本語を身に付けることができているのです。それはアメリカに住むアメリカ人でも、中国に住む中国人でも同じこと。「ネイティブだからできる」というだけではないのです。つまり、お金を払って英会話講師に丸投げをするのではなく、自分で語彙力をつけたり、文法をおさらいする、というような基本的な自己学習を行った上で、講師とのレッスンでアウトプットする、慣れる、自分から発言するスキルを磨く、ことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です