便利なフレーズで覚えよう

旅行や街中でいざ英会話にトライしなければならないとき、これさえ言えれば何とかその場をやり過ごせる、そんな便利なフレーズがあることを知っていますか?

ここでご紹介したいフレーズは4パターン。

 

まずは会話の第一声目のフレーズとして「Excuse me .」です。
日本語で「ちょっといいですか?」「あの、すみませんが」といった意味の英語です。
相手に何の前触れもなく急に話しかけることは時と場合によって失礼になってしまう恐れがあるため、まずはこの便利なフレーズで英会話を始めてみましょう。
マナーを守って英会話をはじめることが肝心です。

 

つづいて相手に何かを依頼したいシーンに便利なフレーズ。
「I have a favor to ask.」日本語で「お願いがあるのですが」です。
ワンクッションおいてから依頼したいことを伝える表現は、相手に謙虚で丁寧な印象をあたえるだけでなくスムーズなコミュニケーションにもつながるでしょう。

 

外国旅行中に起こりがちなトラブルシーンには、「I have a problem with ~.」というフレーズをおすすめします。
「~のことで困ってるのですが」という意味です。
現状をクリアに伝えることであなたが必要としている助けを受けられるはずです。

最後に何かと便利なこのフレーズ「May I have ~?」。
これは日本語の「~をいただけますか?」「~をお願いできますか?」という意味ですが、なにか欲しいものがある時に使えるだけでなく、手伝って欲しい時や誰かを読んで欲しい時にも使えます。
目上の人に対して、また子どもに対しても使える行儀の良いフレーズです。
欲しいもの自体の英単語がわからないといった時でも「May I have that?」と言えばOKのうれしいフレーズです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です