英会話のための時間をつくろう~やさしい絵本編~

英語の本を読む、というのは効果的な学習方法のひとつです。
初心者にはどうしても難しいイメージをもたれがちですが、初心者なりの洋書の選び方をすれば、誰でも簡単に英語を 学ぶことができるのです。

 

学び始めにオススメなのが海外の児童向け絵本。
誰もが一度は読んだことのある有名な童話なら、ストーリーを知っているので英語への抵抗感をもたずにスムーズに読み進めることができるでしょう。  

ポイントは途中でわからない単語がでてきても調べないで読み進めるということ。
読書の途中に知らない単語をいちいち辞書を引いて調べていてはキリがありません。
それどころか その都度調べているうちに文章全体の内容を見失ってしまいがちです。

ですが有名な童話ならそんな心配は無用。
あらかじめストーリー展開を知っているのですから、いちいち単語を調べる必要なんてありません。
たとえ知らない単語がでてきても、なんとなくこういう意味かな、と文脈から推測して最後まで読みきってみましょう。
合っていたかどうかは、読み終えてからまとめて調べればよいのです。

 

同じ絵本を英語で何回か読み続けているうちに、あなたの語彙力は確実にアップしていくでしょう。
難しいテキストを 買うよりは絵本の会話文の方がより日常的なリアルな英会話の勉強にもつながるのです。

 

また、絵本の特徴である可愛い挿絵は、たとえ難解な英文にも視覚的なイメージをあたえ てくれます。
具体的な場面やシチュエーションをイメージするということは英会話を学ぶ上での鉄則です。
そういった意味でも絵本はまさに格好の教材と言えるでしょう。

絵本なら挿 絵を見れば、この英文はこういうことを言ってるのかなという察しがつきやすいだけでなく、英会話にかかせないイメージトレーニングが簡単にできるというわけなのです。