アクセントには気をつけよう

実はアクセントの場合は注意が必要です。
アクセントの位置には正解があるからです。

 

アクセントとは単語の中で強調して読まれる部分のことで前にきたり後ろにきたり真ん中に入ったり様々なケースがあります。

実はこのアクセントの位置で同じ単語でも意味が違ってくることがあるので要注意。
同じつづりの単語でもアクセントによっては動詞から名詞に変化するケースがあります。

つまり英会話において発音とアクセントのどちらが重要かといえば、アクセントの方が断然重要だということです。

 

実際にネイティブスピーカーは英会話の際、相手の話からアクセントがどこに打たれているかを聞き取っています。
アクセントが間違っていれば、別の単語に誤解されてしまう可能性が高くなりますし、逆に発音が微妙でもアクセントが正確なら伝わる、ということさえあるのです。
アクセントは英語辞書に発音と共に記載されていますのでしっかり確認しておきましょう。

 

自分の耳で覚えたいという人には英語ニュースのヒアリングがおすすめです。
アクセントは単語に使われるものだけではありません。会話中の特定の文節だけを強調して使われる場合もあります。
ほとんどが話し手の主観によるもので会話の文中で最も重要な情報を強調する表現です。

アクセントのない英会話は全体的に単調で平板になるだけでなく、聞き取りにくさの原因にもなります。

英会話ではどこにアクセントをつけるかを意識して適切に使うこと。
それができればあなたの英会話は聞き取りやすくなりネイティブとの会話もよりスムーズになるでしょう。